鞍陵会(旧制鞍手中学校同窓会・福岡県立鞍手高等学校同窓会)
会長の挨拶
◆ ◆ ◆ 令和2年度 ご挨拶 ◆ ◆ ◆                         
永富会長写真   寒気の南下ともに木々も衣を変え吐息もほんのりかすみ、秋の訪れを覚える
 季節となりました。同窓の皆様いかがお過ごしでしょうか?

  思い起こせば、昨年末以来じわじわと新型コロナに侵食され、あっと言う間に
 世界中を席巻し、その猛威は社会を混乱のふちに追いやり、経済の破綻を招い
 て人々に襲い掛かって来ました。国を挙げてのコロナ対策に、個人も法人も自主
 規制と自己防衛に躍起になって取り組み、日常の平穏な社会への回復を目指し
 ているところです。

  濃厚接触と感染拡大を防ぐためにすべての会合が取りやめになる中、鞍陵会
 の役員会や幹事評議員会、各地区総会、職域支部総会、更には8月の第一土曜
 日に開催される鞍陵会総会、懇親会も止む無く中止とさせていただきました。

  当番幹事である高校44回生、69回生は吉野実行委員長のもと、日々記念グッ
 ズの作成販売やキャラバンの実施を精力的に展開され、歴史・伝統や想いの継
 続「TSUNAGU」をテーマに心に残るおもてなしを揚げ、血の通った温かく躍動す
 る実行委員会をけん引していただき心からの感謝と御礼を申し上げます。

  また、当番幹事としてその職責を余すことなく発揮していただき、鞍陵祭開催予定日に、知らずに来られた同窓生の
 ために校門、駅、等に立ち記念品を携えお迎えをしてくれました。令和2年度鞍陵祭は中止とは言え、実行された当番
 幹事として記憶に残る歴史を刻まれたのだと感じています。

  次期当番幹事、高校45回生・70回生は既に実行委員会を立ち上げ、周知活動もままならない中、令和3年8月7日
 (土曜日)の令和3年度鞍陵祭の開催に向けて様々な状況を想定しながらしっかりとした準備を進めておられます。不確
 定要素を抱えながらの実行委員会です、鞍陵会として伴走しながら進めてまいります。

  いまこそ、鞍手高校の校是であります「たくましき 前進者たれ」を身をもって実践すべき時であります、国家や地域の
 社会や経済を先頭に立ってけん引して行こうではありませんか。

  結びに、同窓生の皆さまのたゆまない行動と、ご家族や企業の安寧を心よりお祈り申し上げます。

令和2年(2020年)10月吉日  鞍陵会 会長 永冨 政英

カウンター